willist

セリグマンの犬の脱出―escape of Seligman's DOG―

仔猫を届けに山に行った

ラボで仔猫が見つかってから約一ヶ月。

3匹をひきとってくれる人に猫を届けに行った。和歌山の熊野古道のあたり、軽い気持ちでいったら結構なんというか旅行だった。

 

www.youtube.com

 

phaさんとナリワイの伊藤さんが持ち主になってる家。そこに猫をひきとってくれる豊井さんが住んでいる。1泊の予定だったのだが2泊させてもらった。


f:id:interestor:20170628162643j:image

 

夜は60センチ先の自分の手が見えないくらい暗い。暗いというより目が見えなくなったような感覚になる。そんな暗さの中で光る蛍。初夏だった。

 

f:id:interestor:20170628160903j:image

 

 

仔猫はすぐ慣れて早速人によじ登っていた。めちゃめちゃ人懐こくて、寝転んでたらすぐ乗ってくるし、寝てると胸元に潜り込んでくる。あんまり猫に対してかわいいと思ってなかったが、そこまでされるとやはりかわいいですね、という気持ちになる。健やかに成長してくれることを祈る。

 

www.youtube.com

 

特に観光をするつもりはなかったのだが、「いいところがある」といって瀞ホテルに案内してもらった。

f:id:interestor:20170628161838j:image

f:id:interestor:20170628161858j:image

f:id:interestor:20170628161731j:image

 

あと帰りに温泉に寄った。名所はやはり名所。

f:id:interestor:20170628161928j:image

 

滞在は居心地がよかった。一度ムカデが出たが虫もたいしたことなかったし。日常から切り離される感が強いので、「もうだめだ〜」ってなったときとかよさそう。大阪からなら車で3時間半くらい走れば行けてしまう。車すごい。

 

www.youtube.com

 

最近旅行にいくぞ、という気持ちのないままにふらっと出かけて、だらだら人についていったらちょっと観光したりして旅行気分を味わう、というか旅行してる、みたいなことがある。これ結構良くて、日常と非日常の境界が曖昧になっていつの間にやらするっと非日常に入れる。最近普段の生活が日常感に乏しく、だからこそ旅行のような明確な非日常によって相対的に普段の生活の日常性を確かめていきたい気持ちがある。それによって日々を過ごす覚悟みたいなものを補給していくのじゃ。

 

www.youtube.com

 

猫多めでお送りしました。

 

 

保存

fabAcademy受講日記

あれよあれよと思う間に作る週が終わり、Finalプロジェクト、つまり卒業制作みたいなものの制作に入っている。

 

Finalプロジェクトは課題などはなく自由に作りたいものを作る。ただ、作る過程でこれまで習ったことを使わないといけない。電子工作的な要素とフィジカルなものつくりとあわせる必要がある。

 

私は当初から予定していたmyBiosphereと題したものを作っている。

ミニ地球に温度を保つためのヒーターや光を補助するためのライトをつけたようなものだ。

 

ミニ地球について自分が以前にやってみたのはこちら。

 

interestor2012.hatenablog.com

 

基本的な考え方についてはこちら。(考案された鳥取大学の先生のページがなくなってしまったようだ。)

www.maff.go.jp

 

私は自然の生態系について学ぶ、というよりは、コントロール可能な生態系を作るみたいなことに興味があるので、そこは違うのだが、まぁ今回作るのは似たようなものだ。もっと大きなプロジェクトとしてアメリカのバイオスフィア2というのがあったり、日本でも青森のミニ地球という実験施設ある。これらのミニ版でもある。

 

 

 

授業でははじめの課題としてこのFinalプロジェクトのアイデアを書く。そして、その後の毎週の授業の課題ではFinalプロジェクトのパーツを作っていくことが推奨されるが・・・そんなふうにはできなかったので今急いで作っていてやばい。

 

はじめの計画では毎週の課題でパーツを作っていく予定だったのだが、「完成形が見えていない」「はじめてやることでオリジナル性の高いことをやる余裕がない」「頭が悪い」などの理由でできなかった。

 

あと2週間がんばりましょう。

 

 

Fabacademy受講日記 mold &casting

日記をかけていなかったのでだいぶん前のことになるけど、思い出しながら書いておく。

 

この週は型をつくる会。同じものを何個も作るのによくて、ちょっとしたものを作って売るとかの時なんか、100個とかだったら外注して金型作らず、自分で型作って自家製量産するとだいぶ安上がり。一回型を作ってしまえばあとは速い。3Dプリンターとか比べ物にならない。また、切削して型を作ることで3Dプリントよりきれいな表面のものを作れる。あと食品用のシリコンを使えばチョコやアメなど食べる系も作れる。

 

やってみたら意外に簡単にできるしパカッと外した瞬間の感動があって良い。

 

この週は東京に行く予定があり急いで終わらせねばならなかったのでアリモノを使って省力化してやった。

 

ポリゴンのライオンの頭のプッシュピン。


f:id:interestor:20170518111642j:image

 

左から型の型(ワックスを切削)、型(シリコン)、出来上がり(ウレタン)。詳しい工程が見たい人はここのドキュメントを見てください。
f:id:interestor:20170518111801j:image

 

ちなみにこのライオンの頭(目を入れてやんないとわかんないね)は別件でモデリングしたんだけど使わなかったものを再利用した。

 

ドキュメントにはモデリングについては書いていないので、ここでさらっと書いておく。

Sculptrisでざっくりライオンの頭を作る。粘土みたいで楽しい。

f:id:interestor:20170520180001p:plain

Meshmixerでポリゴンを減らしていく。自動で減らすのはFusion360でもBlenderでもできるのだが、ちまちま細かい調整ができるのでMeshmixerが私は好きだ。

f:id:interestor:20170520180526p:plain

で、Blenderで頂点の位置を微調整してかっこよくする。

f:id:interestor:20170520181447p:plain

 

 

ドキュメントはここ試験的に日本語と英語に対応してみた。右下のガジェットから切り替えられるよ。

 

 

 

 

 fabacademy受講日記 input device

この週は東京にいて、鎌倉で授業を受けさせてもらおうと思ったんだけど体調崩して死んでてできなかった。ちなみに別にアカデミーが激しくてよく死んでいるわけではなく、もともと死にやすいのと慣れない大阪で一人暮らしとかしたからですね。

 

で、うーん、実はまだできていない。基盤は作ったしプログラムも書き込んだのだが、ちゃんと動いてないし、なによりドキュメントをしていない!やらねば。

 

inputはセンサー系の読み取りについて学ぶ回。光、温度、磁力、曲げ、その他好きなセンサーのなんでもいいので選んで読み取り。

 

んー発表もでてないので(あとで見ねば)書けることがあんまりないな。

 

こちらからは以上です。

進捗

ここしばらく3分の1ほど死んでいたが蘇りつつある。ここ最近の進捗。ほぼ家から出ないで布団と床の往復だったので、エンタメ系に捗りがあった。あとイカを復活してやっていました、ブキを変えねばS帯には行けぬ気がする。

 

生牡蠣
f:id:interestor:20170507074318j:image

 

アリスのままで(字幕版)

アリスのままで。寝ながら見ようと思って見始めたらねれなくなった。言語学者の女性が若年性アルツハイマーになる話。良かった。夫が娘に言う「君は僕より良い人間だ」というセリフがつらくて良かった。

 

超高速!参勤交代

超高速参勤交代。これは家に人が来たときに喋りながらみたやつ。おもしろく見れた。ちょうどよいエンターテインメント感。

 

勇魚〈上〉 (文春文庫)

勇魚。まだ上巻までしか読んでいないが、良い。ひさしぶりに中学生とかの時みたいにわくわくした読書体験。

 


f:id:interestor:20170507083653j:image

次世代労働力(姪)とスギナに侵食された畑。

 

実家の畑が荒れ果てていたのを父親と作業し畑に戻しつつある。昨年から笹を刈り木を切り切り株を起こしトラクターをかけ鍬を振るって畝を立てた。前回野菜をいくつか植えたがしかし雑草がすごい勢いで育っており、今後畑として維持できるかは微妙なところだ。マルチを提案したがゴミが嫌とのことで却下されてしまった。また、自動畑化せんとセンサー付水やりきなどを手に入れたのがしかしそもそも水道がないという問題があり、スタンダードな畑となっている。リモート畑として自動化していきたいのだが。とりあえずロボットを置きたい。ロボットかかしだな。

 

 

FabAcademy受講日記 week11 macine design

今週は前回手で動かしたmachineを自動で動くようにした。

f:id:interestor:20170420165651p:plain

製作過程やコードなどはここ


relief_plotter

今回ラボの上のスペースを使わせてもらったのだけど、そこで複数人でマシンを作っていると、まるでガレージから製品を生み出すスタートアップをやってみるみたいな気分になって楽しかった。 f:id:interestor:20170420163835j:plain

先週から今週の様子と反省

正直心から「完成!」とは言えないところがあり、悔しい。発表前の一週間は毎日ラボに行っていて、けっこうコストを使ったのだが、使ったコストの割には進まなかったなという感じがある。こうすればよかったなという反省点をちょっと書き出しておく。

  • 早めに全体を作っておく。今回各部を作ってから全体を合わせる、という感じだったが、やはり合わせるとて直しがでる。今回マニュアルプロト一回のあと、各部手直し、各部手直し、全体合わせ、手直し、という感じだったが、全体合わせ→各部手直しを3回くらいやるかんじでスケジューリングすればよかった。
  • もうちょっと汚くやってもよかった気がする。例えば手直しをするとき、3Dモデルから手直しするのではなく、実物に直接穴あけるとか、レーザーカット用の平面データだけ直して、確定した後でちゃんと3Dモデルを作る、のほうがトータルで早そうな気がした。
  • 作るものの優先度を常に考える。つい手がちょっと空いたのでインターフェイス的な部分を先にやってしまったのだが、それより天板の方を先にやるべきだった。失敗するとクリティカルなものから手を付けていく、という癖をつけたい。
  • ちょっとカッコよくした方がテンション上がる。スキルがないこともあり最低限の単純な形にしがちだが、ちょっとカッコよくするとテンション上がってやれるので、カッコよさも考えるといい。

書くと当然のことなのだが、やっている最中にはやれなかったので。今後心に留めておくぞ。

授業の様子について

この週の発表はいつもと違い、すべてのチームが発表する。約60チーム、ゆっくりやっていたら1時間半では終わらない。各チーム持ち時間2分、サマリースライドと1分の動画を用意して、それで発表していく。ちょっと長く話そうものなら「はい次―」って感じで進められていく。そんな時に限って、ビデオ会議アプリケーション(cisco spark)が落ちてしまい、それを使っていた人たちは落ちてしまう事態に。他のアプリケーションを使うことで復帰できたが、落ちてしまっていてプレゼンテーションできないチームもちらほらあった。が、教授は悦明する人がいなくてもビデオを見てちょっとコメントして容赦なく次に進んでいく。強かった。 我々のチームは北加賀屋のラボでみんなで受け、発表もできた。

よかったものを紹介

他のチームので私がおもしろかったものをいくつか紹介したい。

Open dotチームの遠隔○×ゲーム機。わざわざ砂的なものに描くというのがあほっぽくていい。


3T printer - Remote tic-tac-toe machine

バルセロナのチームのロボットアームはかっこよかった。ビデオが見れなくて動きはわからなかったのが残念。

[f:id:interestor:20170420165908j:plain]

ファブラボ浜松のバナナにチョコで絵を書く機。ビデオの中で一番笑った。


Banana bot drawing pictures on banana

今年のMachinesはここにまとめられています。使えそう!ってやつから馬鹿だなーってやつ、クオリティがすごい高いやつなどいろいろで楽しい。

FabAcademy受講日記 week10! output device

今週はアウトプットデバイスということで、RGB調節できるLEDやら液晶やらモーターやら、好きなデバイスを選んで動かす、というものだった。 私はLCDをやった。ファイナルプロジェクトに使おうと思っているので、その実験だ。

はじめはArduinoでやって、それからオリジナルの基盤を作る。 ドキュメントはここ

(Arduinoは5V電源取りに使ってるだけ)

電子回路については、書き方と作り方は覚えたし、何回か作ってはいるのだけど、どういうふうに設計したらいいかわかっていない。 授業とチュートリアルだけではやっぱり足りないわけで、勉強するかいろいろ作りまくる(というか両方)が必要だなーって思っている。 最近チュートリアルというか、最低限の課題をこなすだけになっていてよくない。 FabAcademyは参考にすべき本とかを教えてくれて、それ読んで自分で勉強しろやというスタンスだ。 ただまぁ英語の本なので読むのに時間がかかる。別の日本語の本を読んでさくっと学ぶか、英語の勉強がてら英語で読むかは悩ましいところだ。 まぁ論文とかじゃなくて一般的な内奥のものにで日本語でもいっぱい書籍がありそうなやつは日本語で読めばいいかなと思っている。

今週の生徒の発表では、この人が素敵だった。

RonySch

FabAcademyの発表では、みんなすごいなーってなるし(もちろんすごくない人もいる)、あこがれに近い感情を持つような人たちも一緒に学んでいて、なんだか胸がいっぱいになるときがある。自分がFabAcademyという場を生かし切れているとは言えないし、入試があるわけでもなくお金と時間を払えばだれでも学べる場なんだけれども、でもこう、あぁなんだか来たかった場所だなーみたいな気持ちになる。幸せである。できることなら半年で終わらずもっと学んでいたいし、コミュニティに接続していたいなーと思う。7月で終わるのがいやだなー。ほかのHow to grow almost verything という講座も受けたいので、引き続き受けるという手もあるのだが、もちろんお金と時間がかかり、そろそろ貯金も尽きようとしているので結構厳しくて、どうしようかなというかんじ。チリ、行くことを決心したんだけど、その金にちょっと足したら講座が受けれるなーと思うとちょっと迷う。まぁ行くけど。金を稼がねばだなー。

このブログのタイトルを2014年からだろうか、「セリグマンの犬の脱出」としていたが、そろそろ「脱出しつつあるセリグマンの犬」にしてもいいかもしれない。