willist

ヤクの毛刈り祭り --yak shaving festival--

キーボードのビルドガイド

 

必要なもの

パーツ類

・キット

 キットの内容物

・Promicro×2・コンスルー×4(またはその互換品)

・キースイッチ(69個)

・キーキャップ(1U×59,1.25U×3,1.5U×2,1.75U×2,2U×2,1.25×1)

・USBケーブル

・TRRSケーブル

 

道具類

・はんだごて、はんだ

・ニッパー

・小さいプラスドライバー

この他に、やすり、黒い油性ペンがあると仕上がりがきれいになります。また、はんだ吸い取り線、ピンセット、マルチメーターがあると間違えた時のリカバリ等に便利です。

 

組み立て

0.基板のフィックス

×のラインをカッターでカット。緑が裏側、赤が表側。ラインは後程つなぐので今はしない。

f:id:interestor:20210904085836p:plain

1.基板のカット

ニッパーを使って基板のランナー部分を切り離す。12ヵ所をカットし4つのパーツにわける。切断面はやすりをかけるときれいに仕上がる。

f:id:interestor:20210831150254j:plain

オレンジ線部分を切り離す

f:id:interestor:20210805175626j:plain

硬い。小さいニッパーしかない場合は机の角などを利用して折ってもいい

2.ダイオードを付ける

ダイオードの足を折りまげて基板にはめる。表側(ダイオードのマークが書かれている面)から差し込む。

f:id:interestor:20210831151641j:plain

ダイオードを扱いやすい長さ(5~10個くらい)に切り離す

 

 

f:id:interestor:20210805183359j:plain

基板2枚を重ねたものの幅がちょうどよい。挟み込むように足を折る

f:id:interestor:20210831152515j:plain

紙をはずしてばらばらにする

 

f:id:interestor:20210831154458j:plain

ダイオードには取り付け向きがあるので注意

 

f:id:interestor:20210831160504j:plain

図の場所にダイオードをはめる(69か所)

f:id:interestor:20210805185621j:plain

ダイオードの足は広げておくとはずれにくい(裏・右手)

f:id:interestor:20210805185614j:plain

ダイオードをはめた様子(表・右手)

はんだ付けをする。温調機能がついている場合には320度前後に設定。

f:id:interestor:20210831161910p:plain

https://fukuno.jig.jp/pdf/IchigoJam-howtobuild-handa-20190729.pdfより

はんだ付けしたすぐ上でダイオードの足を切る。切った部分は捨てる。

f:id:interestor:20210831162743j:plain

ダイオードの足を切るときは足の先を持ちながら切ると飛ばない


これでこの工程は終わりです。一番大変な部分を通り越しました。正しくついているか一度確認しましょう。

ダイオードが69個ついている(上の画像の各列の個数をみながら確認します)

ダイオードはすべて両足ともはんだ付けされている

ダイオードの黒い方はすべて下を向いている

f:id:interestor:20210805215206j:plain

右手・表

f:id:interestor:20210805215159j:plain

右手・裏

2.スイッチをつける

スイッチを基板にはめこむ。表側(ダイオードと同じ面・ProMicroの数字が書かれていない面)からしっかりと奥まで差し込む。

f:id:interestor:20210831172850j:plain

裏側につけないように注意。全部にスイッチをはめる(右上の2つにも)

 裏側から半田づけする。1スイッチにつき2個所。

f:id:interestor:20210807162322j:plain

穴が大きめのなのでしっかりはんだを流し込む

はんだ付けが終わったら、ProMicro下に来るスイッチ2つの足、全部で4本の足をできるだけ短くなるようにニッパー切る。ProMicroと接触するのを防ぐ。それ以外のスイッチの足は切る必要はない(切っても問題はない)。

f:id:interestor:20210831174031j:plain

オレンジ色で囲まれたスイッチ2つの足を切る

スイッチのはんだ付けは終了です。下記を確認してください。

□すべてのスイッチの足をはんだづけしている

3.リセットスイッチとTRRSジャックをつける

TRRSジャックとリセットスイッチを表側(ダイオードやスイッチと同じ面)につけ、はんだ付けする。TRRSジャックはマスキングテープで基板にとめてはんだ付けするとやりやすい。

f:id:interestor:20210831175006j:plain

TRRSジャック(上)とリセットスイッチ(下)

 4.ProMicroをつける

コンスルーを差し込む。少し硬いが、しっかり奥まで(黒い部分がぴったり基板につくまで)差し込む。

f:id:interestor:20210807162501j:plain

コンスルーを差し込む

ProMicoroを部品がついていない面が上になるようにのせる。

f:id:interestor:20210807162454j:plain

 ProMicoroの裏表に注意

間違えるとはんだづけの修正の難易度が高いのでもう一度下記を確認。

 

□ProMicroの■5V■3.3Vと書いてあるのが見える(見えなければ表裏が逆)

□USBの差込口が基板の端側に来ている

 

OKであればはんだ付けをする。対角線の位置を先につけ(例 TX0→10→9→RAW)、あとは順にはんだ付けするときれいに止めやすい。はんだが隣のはんだと接触しないように注意。

 

一度ProMicroを取り外し(ひっぱると抜ける)、基板のProMicoro下にあたる部分に絶縁用にカプトンテープ(ビニールテープ等でも可、写真はゴムシール)を張り付ける。貼り付けたらもう一度ProMicroを差し込む。

f:id:interestor:20210831181500p:plain

5.ファームウェアの書き込みと動作確認

GitHub - interestor/hajimeteKBDのhexをPro Micro Web Updaterで書き込む

0.フィックス

ラインをつなぐ。

 

f:id:interestor:20210904113439p:plain

f:id:interestor:20210904113509p:plain



6.チルトカバーのとりつけ

表からねじを差し込み、スペーサーを裏側にねじ止めする。

チルトカバーを付けて裏側にねじ止めする

 

 

7.ゴム足を貼る

ゴムシートに基板の形うつしとり、ハサミやカッターで切り取る。

剥離紙をはがしてはりつける。

f:id:interestor:20210826151119j:plain

ゴム足を付ける(写真は位置の目安)

f:id:interestor:20210831182450j:plain

8.キーキャップを付ける

完成!!!!!油性マジックで基板の横を黒く塗るとかっこよさが増す。