willist

セリグマンの犬の脱出―escape of Seligman's DOG―

ポリゴン調の犬のペーパークラフトを作る

2016/11/2 ペーパークラフトについてはこちらにまとめなおしました。

geoanimalls.hateblo.jp

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:interestor:20160319090219j:plain

ポリゴン調の動物が好きすぎて、自分でもペーパークラフトで作ってみることにした。今回はネットの無料の型紙をダウンロードして組み立て。組み立てたら予想以上にかっこかわいくて、キャッチ画像まで作ってしまった・・・。現在は本棚に鎮座していただいている↓。

 

f:id:interestor:20160319095012j:plain

プロセス

①下記のサイト、右上のDownloadより、DL

German Shepherd Papercraft by rafaleluia on DeviantArt

ZIPファイルを開いて、「GermanShepherdLinedV1_0.pdo」というファイルがあることを確認。

 

②pdoファイルを開く

ペパクラデザイナーというソフト用のデータなので、下記より無料のペパクラビュアーをDLする。(Win用ソフト)。

ペーパークラフト用ソフトウェア[ペパクラデザイナー]

メニュー>ファイル>開く より「GermanShepherdLinedV1_0.pdo」を開く

 

③PDFとして保存

メニュー>ファイル>印刷設定で、「線をくっきり印刷する(ベクター印刷)」にチェックを入れる

メニュー>ファイル>印刷より、PDFとして印刷。

 

④dxfファイルに変換

silhouetteCAMEO(Craft Robo)でカットするために、PDFからdxfに変換する。

イラストレーターでPDFを開き、ファイル>書き出しでdxfを選択。

(直接印刷のプラグインを入れている場合には不要。参考onakaitai: カメオをillustratorから出力するには

 

⑤silhouetteCAMEOでカット。

もちろん手でカットしてもいいんだけど、40パーツを切るのはなかなか時間がかかる。それにカッティングマシンで切ると、折り線部分を点線でカットできるので、折る時めちゃくちゃ楽(だし綺麗)なので、カッティングマシンを使うことをお勧めする。fablabとかで借りることができるところもある。

デフォルトのデータでは、A4サイズ6枚が必要。本来3色(今回は2色で作った)。

紙に合わせて設定してカット(今回の紙は画用紙と同じくらいの厚さ(若干薄い)だったので、カットは刃出し3、厚さ15、速度10で行った)。

 

f:id:interestor:20160318192638j:image

⑥切り出したパーツを切り離す。

パーツ数は40個。
f:id:interestor:20160318192657j:image

⑦組み立て。

破線(- - - - )が山おり、一点鎖線(ー・ー・ー)が谷折りなので、折り線をつけてやってから、のりしろ部分を張り合わせていく。

ペパクラビュアーを見ながらだと組み立てやすい。
f:id:interestor:20160318192706j:image

あとはがんばる。頭を組み立てるのは楽しい。
f:id:interestor:20160318192721j:image
あとちょっと。全体の所要時間は3時間くらいだった。
f:id:interestor:20160318192733j:image