読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

willist

セリグマンの犬の脱出―escape of Seligman's DOG―

FabAcademy受講日記 mechanical design

そろそろ授業も半分が過ぎた。何かをできるようになった感はあまりないのだけど、今回の課題ではちょっと「あ、憧れてた感じのことができるようになりかかってるぞ」と感じる所があった。そういうの楽しいですね。

 

今回はmechanical designというのがお題で、何回か続く一連の「なにか機械を作る」という課題のはじまりだ。machine that make、何かを作る機械を作る人が多い印象。

The Machines that Make Project at the MIT Center for Bits and Atoms

 

今回はグループでの課題なので、一緒に受けてる人と1つのmachineを作る。今回は、どういうものを作るか決めて、手で動かせるものを作るというところまでやる。

 

我々はなんかこういう品がいっぱい刺さってて押し上げて形を作るみたいなものを作ることにした。


f:id:interestor:20170330113322j:image


f:id:interestor:20170330113332j:image

 

で、

ピンがハマってない状態の試作機がこんなんじ。


f:id:interestor:20170330113445j:image

 

中はこんな感じ
f:id:interestor:20170330113535j:image

 

ベースがこういう感じになっててX軸Y軸をステッピングモーターで動かす。
f:id:interestor:20170330113628j:image

中にこういうのが入っててピンをあげる。


f:id:interestor:20170330114040j:image

 

次はこれをモーターで制御していきます。

 

インドのグループかな?は、もう制御までできてて、さすがですね、という感じだった。

他にも巨大なピンボールマシンの玉打ち出し機をつくろうというグループとかもあっておもしろかった。

 

今週のドキュメントはこちら

 

なんか若干中だるみしてるので、テンション上がる感じのフィードバックをもらいたい。しかしそれにはそれくらいのものを作らねばですね。あーそろそろファイナルプロジェクトに手を付けなければ