読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

willist

セリグマンの犬の脱出―escape of Seligman's DOG―

自家製エビオス錠で精子は増えるのか

真面目な実験というよりネタです。

 

エビオス錠というものがある。お腹の調子を整えるものなのだが、むしろ精液の量が増えるということで有名だったりする。原料はビール酵母エビオス錠の作り方をみてみると、ビールの搾りかすを洗って乾かして粉にする、ということらしい。

ビール酵母のひみつ|アサヒフードアンドヘルスケア

 

これ、作れるんじゃないか?ということで作ってみた。

 

 手順

ビールキットというのがamazonやら東急ハンズで売っている。麦汁とビール酵母が入っている。いろいろあるが今回はこれを使った。お湯に溶かして砂糖を入れ一次発酵させる。

手作りビール キット缶 ブルーファーム タルベビール

 

麦汁を発酵させたあと、下の方に溜まっている液。ビールっぽいけどちょっと違う微妙な味。上の方は透き通った液体だけど、下の方はドロっとしててベージュっぽい色。


f:id:interestor:20161006184828j:image

 

上澄みを捨て、水を足し、しばらくおいて沈殿させたらまた上澄みを捨てる、というのを2回繰り返したのがこれ。ベージュのドロっとしたもの。本物のエビオス錠ではここでビール酵母とそれ以外のホップのワックスなどを分離させるとのことだけど、調べたら体に悪いものではない(ただし苦い)ようなので、これをそのまま使うことにする。
f:id:interestor:20161006184858j:image

 

良い乾燥のさせ方が浮かばなかったので、バットにあけてトースターで乾燥させることにする。

f:id:interestor:20161006184922j:image

 

熱加えちゃって大丈夫かなーと思いながら低温でじっくり焼き上げ乾燥させる。600wで様子を見ながら1時間くらい。お菓子でも作っている気になる。実際には精子を増やす汁をトーストしているのだが。


f:id:interestor:20161006184942j:image

待っている間に、酵母ほんとにいるのかなーと思いこぼした汁を顕微鏡で見てみる、と、カスみたいなものと、無数のまんまるなつぶつぶが。このページの2枚目の写真みたいな感じに見えた。写真とろうと頑張ったんだけど、ピントがあわせられず取れなかった。残念。うっすら見える。

f:id:interestor:20161003113915j:image

 

 焼きあがったものを冷蔵庫でさらに水分を取ると、やばい感じのものになった。硬くて微妙な弾力がある。作る前は、シート状になったものを切ればいいと思ってたんだが、これは‥


f:id:interestor:20161007130722j:image

 

 

急遽百均ですり鉢を買ってきてすり潰す。漂う魔女感。もしくはシャーマンだろうか。それにしても全然潰れない。はじめてミルがほしいと思った。
f:id:interestor:20161006184637j:image

 

諦めて粉とは言えない欠片の状態のものを、無理やりからの錠剤シートに突っ込んで固める。すごい出来の悪いチョコレートみたいなものができる。

 

f:id:interestor:20161006184655j:image

 実験

まず自分で飲んでみる。お腹に良い、とのことだがむしろお腹を壊さないか心配しながら飲んだ。端的に不味い。味はエビオス錠っぽいがマズさが市販のものよりさらに強い気がする。その後お腹を壊すことはなかった。

 

さて、しかしエビオス錠の効果としておもしろいのは精液の量が増える、という方である。私は女性なので自分で試すことができない。後輩に頼んで人体実験に協力してもらった。夫は怪しんで食べてくれないだろう、そして元同期には断られた末のセレクトである。先輩としての圧力を使ったようで申し訳ない。

こんな感じ。のを渡した。よく飲んでくれたな。
f:id:interestor:20161006184713j:image

 

結果

1週間後に結果を聞いてみたところ「特に変化は感じませんでした」という答えだった。まぁ、市販のエビオス錠だと大人は1日30錠と用量が記載してあるので、飲む量が足りなかったのかもしれない。しかしそんなに飲むんだ。驚きである。あと熱を加えたのが悪かったのかなーとも思った。

 感想

結果は残念であったが、魔女になったような気分になれなかなか楽しかった。なにしろはじめて自分のお小遣いで買った本は魔女の秘密、という絵本だ。今後さらに怪しい薬を作っていきたい。