willist

セリグマンの犬の脱出―escape of Seligman's DOG―

よつばみたいな大人、マンガや小説のキャラとしては魅力的なのだけどリアルなおばちゃんとか母親として想像するとげんなりすることにげんなりする

(タイトルはラストの補足です)

7月

①1週目の週末→友だちの軽井沢の別荘でバーベキューとDJ・花火

②2週目の週末→伊豆大島ダイビング、登山&砂漠

③3週目の週末→葉山一式海岸で海の家でビール、シュノーケリング

というかんじで、わりと人と出かけたりすることが少ない自分にしては3倍速くらいのペースで外出して夏を消費している。

 

収穫。友だちが一人増えた。前から知っている友達ともちっと仲良くなった。肌が黒くなって、脚に短パンの直線ライン跡がついた。砂浜の砂を一粒一粒見るととてもきれいなことがわかった。

 

夏は単純な楽しさにあふれていて、子供っぽいことをたくさんして気持ちよくって、もう大人なのにこんな子供みたいな感じでいいんだろうか、でもこんな子供みたいな感じを魅力的にもっていられるおばちゃんになれたらそれはすごくいいなぁ、とか思っていたら誕生日が二週間後に迫っていることに気がついた。

 

 

↓大島

f:id:interestor:20130715101059j:plain