willist

セリグマンの犬の脱出―escape of Seligman's DOG―

センチメンタリストジャーニー

ひさしぶりに、このブログの昔の投稿を読み返してみた。

最近は作ったものだのを書いていることが多いけど、 前はセンチメンタルな日記やら、考えたことなんかを書いていて、 それを読み返すとその頃の自分が懐かしいような気持ちになった。

もともと2012年の1年間用のブログだったのだが、気が付いてみれば2016年。4年間。 一部前のブログの記事を移していたりもする(と思う)ので、一番古いのだと2010年に書かれたものがある。そうすると6年間か。その頃から考えているというかやりたいことはあんまり変わっていない、というかやりきっていないのでつぎに進めていない状態が続いていて、そろそろどうにかしようと思う。

ここ4年、もしかしたら6年、は、自分が実現したい生き方とか生活とか、大風呂敷を広げてしまえば世界とか、にとっては回り道だったかなぁとはおもうけども、人とか不合理に対して、理解というか想像できる範囲は広がったし、それは覚えておいてよかったものだと思えている。

2016年は楽しい年にしよう。