読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

willist

セリグマンの犬の脱出―escape of Seligman's DOG―

しいたけは愛を語るし空をとぶんだよ

きのこ 自給自足

f:id:interestor:20140501225439j:plain
もっとおーきくなれよう

さて、まいどおなじみ(というほどではないけど気になったら前の記事を参照)きのこシリーズ、3本目は王道のしいたけ。


f:id:interestor:20140501225044j:plain
来た時点から芽がぶちぶちでてる

f:id:interestor:20140501225105j:plain
30分くらい浸水してやって放置しておく。

f:id:interestor:20140501225142j:plain
非常に微妙な形に成長する。




f:id:interestor:20140501225202j:plain
アップだとより微妙である。もうなんか亀の頭とかに例えるより「俺のなめこはすげぇぜ」とか「あなたの成長しかかったしいたけが欲しいの」とか言ってればいいと思うよ、わかりやすいよ。



f:id:interestor:20140501225239j:plain
まぁそんなしいたけも一週間かからずにごく普通の美味しそうなしいたけとなる。


f:id:interestor:20140501225321j:plain
そして妖怪ハウス(私の愛するシェアハウス。妖怪っぽい人とか化け物っぽい人が住んでる)できのこ鍋として食された。


f:id:interestor:20140501225344j:plain
ちなみに一回収穫してからも生えるのだが、黒いビニール袋の中に放置していたらなんか白っぽくてびろんびろんな感じになった。


f:id:interestor:20140501225411j:plain
さらに放置していたらさらにびろんびろんになった。


f:id:interestor:20140501225558j:plain
ほししいたけにするべく切る

f:id:interestor:20140501225614j:plain
干す




そして•••干していたら強風でダンボールごと飛んだ。
きっと、雪のように桜のようにひらひらとしいたけが舞ったんだろうなぁ。