読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

willist

セリグマンの犬の脱出―escape of Seligman's DOG―

太陽光発電作ってみた

自給自足 工作
f:id:interestor:20131222174222j:plain
藤野電力さんのミニ太陽光発電のワークショップに参加して、太陽光発電設備を作ってみた。
ミニ太陽光発電は、震災を期に発案したという、ミニマムな太陽光発電セットであり、ミニマムなライフライン
50wという出力は、
  • 明かりがつくこと
  • 携帯が使える(情報がとれる)
  • パソコンが使える
というサイズで考えられているとのこと。

太陽光パネル、パッテリー、チャージコントローラをつなげるだけで、かなり簡単にできあがります。
カー用品を流用することで、できる限り直流のまま電力を利用し、ロスを少なくする仕様。
f:id:interestor:20131222174825j:plain
用意されていたのは
  1. 太陽光パネルと電線(上)
  2. 鉛蓄電池(バッテリー)(左)
  3. シガーソケットUSB充電器(真ん中上)
  4. チャージコントローラ(真ん中下)
  5. パワーインバータ(右)
  6. 電工ペンチとプラスドライバー(右隅)
このうち聞きなれないのはチャージコントローラとパワーインバータ
チャージコントローラは過充電や電流の逆流を防ぎ、充電池の劣化や破損を防いでくれます。
インバータは直流の電流を交流に変換することで、普通の家庭用の電気器具を使えるようにしてくれます。

んでこれらをちょいちょいっと繋げてやればできあがり。
必要なのは、電線の皮膜を剥く→端子をつける、という作業くらい。普段こんなことやらないので、これがなかなか面白かった。

とりあえずむらさきハウスのベランダに仮設置。
東向きなので、どの程度発電してくれるものか?様子を見つつ稼働。
音楽再生と、水耕栽培のポンプとかに使ってみようかなぁ。