willist

セリグマンの犬の脱出―escape of Seligman's DOG―

くじらの骨格模型(巨大)をつくる会をしたりした

f:id:interestor:20131207134927j:plain
博物館にあるようなくじらの骨格模型を家にほしいと思ったのは数年前、でもってしばらく前から作り始めている。
小型のミンククジラの1/2スケール(だったような気がする)で、だいたい4mくらいになる予定。

背骨部分をちまちま作っていて、「あきる!手伝って!」と叫んでいたところ、心優しい友人が手伝ってくれることとなった。

作るのはこんな部品。背骨。
f:id:interestor:20131207132645j:plain

このへんの位置の、骨一個。全部作ると思うと、先の長さに叫び出したくなる。
f:id:interestor:20131207133034j:plain

スチレンフォームを発泡スチロールカッターで切って、組立てて、削ってつくる。
f:id:interestor:20131207133627j:plain
切る切る。結構くさいのだが、負けずに切っていた。
f:id:interestor:20131207133545j:plain
サクサク切れるので楽しい。
f:id:interestor:20131207133658j:plain
で、削って仕上げをして、サインしてもらったのがこちら。
f:id:interestor:20131207134016j:plain 

作りかけも含め、並べて見るとこんな感じ。背骨らしさがでてきた。
f:id:interestor:20131207134150j:plain

引き続き頑張ります。
どなたか手伝ってくれる人がいたら嬉しいです。@interestor


頭も鋭意製作中。

f:id:interestor:20131207134543j:plain