読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

willist

セリグマンの犬の脱出―escape of Seligman's DOG―

アートの人たちが農園でバイオやってるっていうのにいってきた

ちょっと前なのだけど、

バイオ・リサーチで土壌微生物を解き明かそう!展示&トーク

というのに行ってきた。

 

DIYバイオの話など何もしたことなかったのに、「こういうイベントがあるけど役立つと思うし好きでしょ」みたいな感じでFablab北加賀屋のチューターさんが連れてきてくれた。おもしろいものだ。


f:id:interestor:20170207224503j:image

 

Fablab北加賀屋のすぐ近くにみんな農園というのがあって、そこでのイベント。

minnanouen.jp

なんかすごい雰囲気のある(オブラート)文化住宅(古い現代版長屋みたいなの)を抜けるとぽっかり空き地があって、そこを市民農園にしているらしい。でっかいパラボラアンテナの上も畑スペースになっていてなんだろう、幼稚園っぽいワクワク感がある。それにピザ釜とかキッチンとかあって楽しそうな様子。

 


f:id:interestor:20170207224527j:image

 

トークと展示は、YCAM(山口芸術情報センター)のバイオアートチームが、農園の微生物を遺伝子調査してどんな微生物が多くてどんな組成になっているか調べたよ、という内容。それとそのバイオアートチームが何やってるかという話。YCAMバイオラボを作ったそうです。

 

やってきた展示というかプロジェクトの話とか面白かったです。それにしてもいろんなところで従来とは違う形のバイオラボがにょきにょき生えてき始めてるな、と。しかもこの人たちはアート畑の人で、バイオの人ではないらしく、そんな人たちが立ち上げてやってるのすごい。そういう人たちだからこそできたというのは結構あるんだろうなーという気はした(場所とかお金のもらい方とか)。まだなんかアートまたは教育としてしかいろんなものをひぱってこれない感ある、DIYバイオ。


f:id:interestor:20170207224546j:image

 あいかわらず興味はあるしリーチはしておきたいけどどうしたらいいのかな、今のところ私が興味がある遺伝子デザインまではなかなかできなさそうなので、というかんじだ。FabAcademyにバイオの講座もあるのでそれも受けてみたさはあるなー。

 

それでは日記でした。

FabAcademy 受講記録 week2 computer aided design

前回も書いた通り、FabAcademyを受講している。第2回目の授業だった。

今回から、授業前半の90分が前回授業の宿題の発表になる。ランダムに生徒は当てられるので、結構緊張する。英語で発表だし、単に喋るだけじゃなくて質問されたりして答えないといけないし。当たるかもしれない初めての授業、それに自分の宿題にローカルのチューターさんたちから結構手直しが入ったりして、直前まで「うわーこわいー、つらいー」って感じになっていた。しかも今回はラボで授業を受けることになったので、車の運転もある。いろいろドキドキした。

授業前にカンペを作って、しゃべる練習をして、行った。 大阪環状自動車道は分岐はいっぱいだし車線は多いしその車線のラインが消えてて見えないしカカーブは急だし、とにかく怖かった。高速道路の途中でカーナビに使っていたスマホが助手席側に落ちてしまった時にはたどり着けるかかなり不安になったが、一応時間に間に合ってつくことができた。死ぬかもなぁみたいな感じと無事やりきってたどり着いたことで、よくわからない興奮の仕方をしていて、全然落ち着かなかった。一緒に授業を受ける人と初めて会ったんだけど、もしかしたらへんなことを言ったりしたかもしれない。

ローカルのチューターさんと、私ともう一人。緊張はしつつも、3人であるというだけで結構心強い。相変わらず先生はなに言っているかはわからないのだが、チューターさんが時々日本語で解説を入れてくれたりするので助かる。発表が始まる。どんどん人があたっていく。生徒の発表になると何言っているさらにわからない。ただ、英語がうまくない生徒も混じっていて、でも発表していて、先生も答えていて、なんとなく安心をした。

結局私は当たらなかった。でも、もう一人の一緒に受けて入る人が当たった。ちょうど当たった瞬間に通信トラブルでこっちが落ちてしまってワタワタした。何人か後になりつつその人は発表したのだけど、発表した後にはなんか(私は受けていないけども)困難を一緒に乗り越えたような気持ちで連帯感を感じた。やはり今日の授業一緒に受けてよかったな、と思った。

後半の90分は講義を聞く。テーマはcomputer aided designだ。2Dと3Dのソフトを使って何かしら作ってくるのが次回の宿題。そのために、教授が色々なソフトを紹介していく。色々な種類があり、どれが一番というのはない。様々なタイプがあるから用途によって使い分けなさい、そのためにできるだけ色々ツールを触りなさい、と言われる。紹介された中で、フリーのAntimonyというソフトが面白そうだった。grasshopperが好きなのだが、ライセンスが切れてしまって使えないのだが、おんなじようなことが、よりパワフルにできる(らしい)。というような話を聞いた。

2時に終わる。で、ちょっとまとめなんかを話して、高速が怖かったので下道で帰って、迷って、雨が雪になって、4時に家に着いた。疲れたけれども、少しすっきりした。

今はCADをいろいろ触ってみている。ある程度作ろうとすると3Dは結構時間がかかるし、ソフトによっても癖があるので思ったより触れていない。タイムマネジメント的なことをやっていかないとだなーと思うこの頃である。

今週のドキュメントはここです。

FabAcademy受講スタート

2017年1月25日、FabAcademyのmaking almost everythingという授業を受け始めた。

Fab Academyとは

MITのニール・ガーシェンフェルド教授による(ほぼ)あらゆるものをつくるためのオンライン講義です。毎年世界各国のファブラボから200名程度の学生が参加し、3Dモデリングから回路設計、プログラミング、機構設計など、モノを作るためのあらゆる技法を学びます。

FabAcademy Japan

Making allmost everything、ほぼなんでも作る、という講座名のとおり、デジタルものづくりの基礎からひととおり学ぶ講座。Arduinoを使わず、むしろarduinoを「作る」ところからフルスクラッチで作る。

講義+課題の形式で、むしろ課題をやるのがメイン。ローカルのファブラボでチューターがついてくれて、実際に機材を使いながら制作していく。

講義はビデオ会議かつ英語だが、アジア単位のレビューだったり、ローカルでのサポートがあり、英語がわからなくてもやれる環境はある。

受講を決めた経緯

そもそもこの受講記を読んで、そういう講座かあるのは知っていて、でもMITでしか受けられないと思っていたので、無理だなーと思っていた。自分で似たようなことをやろうとは思ってやってみたが、すぐにつまってしまった。そのまま半ば諦めていた。

interestor2012.hatenablog.com

interestor2012.hatenablog.com

ところがたまたま行った、農業×Iotというイベントの発表にFabLab浜松の人が来ていて、その発表の中でFabAcademyについて触れていた。発表の後いろいろ聞かせてもらったら、なんと日本で講座が受けられるというじゃないか。おりしも無職。 これは受けよう、と思った。

知ったのが11月26日で、申し込み締め切りは12月初め。考える時間はあまりない。これはもう受けよう、と決めた。

受講の場所問題

全国にFab系の場所はなん箇所もあるが、FabAcademyを受けられる場所は4箇所しかない(場合によってはリモートでも受けられる)。仙台か、鎌倉か、浜松か、大阪。一番近いのは鎌倉、しかし今の家からは2時間もかかるので通いづらい。ではもういっそ家を離れて私の実家近くのFablab浜松で受講しようと思った。それなら大阪に夫の祖母が使っていた家が空き家になっているので、そこに二人で住もうかということになり、北加賀屋で受講することにした。(その他北加賀屋はその時点で他に受講者がいたことや、当初は現在住まわせてもらっている家よりさらにラボに近い家に住めるかもということで条件が良かった。結局浜松にも他に受講者が増えたこと、家が若干遠い家になったことなど多少誤算はあった。)まぁそんなわけで半年ほど家をあけて、大阪で住むことにした。猿が出るそうなので楽しみである。まだ見ていない。

初めての授業の感想

英語がわからないので、授業は結構わからない。が、チューターなどのサポート体制がしっかりしているので、課題をこなしスキルを身につけること(自分がやれれば)可能だ、という気持ちでいる。助けを求めればなんとかしてくれる感がある。今週の課題はGitでのバージョン管理、Webサイト作り、最終の課題制作のアイデアの提示。 比較的知っている分野だし、なんとかはなりそう。

リモートでのミーティングとかしてると、これまでコミットしたいなぁと思いつつうまくコミットできないでいたファブラボコミュニティに接続できそうで嬉しい。わくわくするし、やるぞーという気持ちでいる。

宿題

最後にFinalProjectというのを作るんだけど、そのアイデアスケッチと、毎週の課題提出用のWEBサイトを作るのが宿題。

サイトはここにできる予定。 FinalProjectは今んとここんなのを考えている。 密閉容器の中で生態系を維持するためのデバイス。色々考え中。 f:id:interestor:20170127124758j:plain

首都圏外郭放水路はシンゴジラだった

これは2017年やりたいことリスト #12地下神殿に行く の記事です。

 

首都圏外郭放水路に行った。洪水を防ぐための放水施設なのだが、大きな柱が立ち並ぶ光景から東京地下神殿と呼ばれたりする。仮面ライダーなどの撮影場所としてもよく使われるため、特撮の聖地ともいわれる(らしい)。私の感想としては、仮面ライダーというよりシンゴジラっぽい空気を感じるところだった。

 

地下神殿として有名な調圧水槽。でかい柱が立ち並ぶ。

f:id:interestor:20170125162042j:plain

 

まず名前が「首都圏」「外郭」「放水路(彩龍の川)」。 施設自体は埼玉にあるのだけど、「埼玉」じゃなくて「首都圏」。そして「外郭」とくるとめちゃめちゃ明朝体が似合う。そして別名は水を司る龍を冠した「彩龍の川」。施設自体も「龍Q館」と龍推し。暴れる龍(水)を鎮めて逆に守り神にしたと。呉爾羅では。

 

スケール感がよくわからなくなるので人入り

f:id:interestor:20170117104238j:plain

 

そして何より巨大プロジェクト感。作るのに10年。関わった人間は何人いるんだろうか。関係者のインタビューでスーツの官僚みたいな人(国土交通省が管轄)もいれば技術者っぽい作業着の人も並んでいて、超災害に力を合わせて立ち向かぜ!感がもうシンゴジラ。会議風景とか完全にシンゴジラだったし明朝体字幕をつけたい気持ちでいっぱいになった。でかいものを作るでかいプロジェクトはロマンというかストーリーが詰まっている。必要な排水量をもつポンプが存在しなかったので、航空機のエンジンを流用して羽は切り出してポンプを作ったとかもアツい。

 

直径約30m深さ75mの穴。シンゴジラだと肩が出るくらいか。歴代ゴジラだとすっぽり格納できる深さ。

f:id:interestor:20170125163039j:plain

 

存在を知らないような異様な姿の工事車両が活躍するのもシンゴジラっぽかった。シンゴジラではポンプ車がなにあの乗り物感をだしていたけど、それに負けない何あれ感のある、掘削車。模型と実物の歯が見れるけど、でかすぎて歯だとは全く思えない。写真を撮り忘れたのできになる人はググってください。

 

予約さえ取れれば見学は無料、埼玉ちょっと遠かったが。首都圏の人は行くといいよ。

www.ktr.mlit.go.jp

 

雑な会を開いていたらカラスミとA5飛騨牛が現れた

カラスミパスタ(熟成日本酒のために

ピントが合わなかった)


f:id:interestor:20170115185034j:image

カラスミ大根(旨さにより撮り忘れた)

カラスミ茶漬け(かきこむのに忙しくて撮り忘れた)

 

飛騨牛
f:id:interestor:20170115185315j:image

 

切る必要がないくらい柔らかい肉
f:id:interestor:20170115185336j:image

 

昨年は雑に人を呼んでご飯を食べたりVRを体験したりする会をわりかし頻繁に開催した。今年もやりたいなと思ってたらよく来てくれる人をが「台湾で買ったカラスミが食べきれないから」といって、突然カラスミを食べる会が開催されることになった。そして毎度雑に呼んでいる友人が「ふるさと納税で得た」といってでかい霜降り肉を持ってきてくれた。で、突然雑なのに食材は豪華な会が催された。みんなでご飯食べるの(そして珍しく旨いものがあるの)は楽しくてよい。

 

雑な会はいい。幸福度の研究によると、人間の主観的幸福度には人間関係が大きな影響を与える、特に日本人では欧米人に比べてより人間関係の影響度が大きい。で、私は幸福でありたいなーと思っているので好ましい人間関係を作っておきたいなーって思っているのだけど、わりとこういろいろ不義理をし閉じこもりぶちぶちと縁を引きちぎってきている。会社にもいっていないので今属しているコミュニティらしいコミュニティがないし、会を開いていくことで自分ごのみの人たちを集めてコミュニティっぽいものを作れるのはいい。

 

そしてやはり雑に当日に呼んでもきてくれる人というかよく来てくれる人は大切で、"ちゃんとした大人じゃない"(「A子さんの恋人」より)であることの他に、”ある程度距離的に近いところにいる”みたいな人が来てくれやすい。なので地縁ですね、近くに住んでいると助け合いやすい(けど一緒に住むのはしんどい)ので、歩きか自転車あたりの範囲で人を集めたり見つけたりしたい。昔の地縁みたいに近くの人と強制的に付き合う、というのではなくて、(東京だからできるところあるが)近くに住む人のうちから気が合いそうな人をピックアップするとか、気が合う人の近くに住むとか、そういう選択的地縁みたいなふうにやっていけると楽しそうだね。

 

#参考

http://www.psych.or.jp/publication/world_pdf/60/60-5-8.pdf

CiNii 論文 -  地域レベルのソーシャル・キャピタル指標と主観的幸福感の関連 : 地域福祉計画の評価指標開発に向けた基礎的検討

 

 

 

 

 

 

 

保存

感情とは、どう測定するか、誘導するか 認知と感情の心理学メモ

「認知と感情の心理学」1章の読書メモ斜体部分は私の感想。

感情とは

気分

  • 例: なんとなくゆううつだ
  • 強度は弱い・ある程度の時間続く・理由がわからないことが多い

情動

  • 例:車に泥水をかけられて怒る
  • 強度は強い・短時間・原因がわかりやすい・身体的変化を伴う

上の二つをまとめて感情と呼ぶ。より長期間にわたって安定した個人に特有な感情は感情特性と呼ばれる

サービスやプロダクトのUXデザインというか感情設計で対象になるのは主に情動になりそう

基本情動とは

  • 文化に関係なく世界中で人間に存在する情動
  • 喜び・怒り・嫌悪・悲しみ・驚き・恐怖(研究によって2~11のバリエーションあり)
  • 対応する表情も文化に関係なく共通
  • 文化圏の違う人間に6つの表情を取った写真を示してそれにあたる情動はどれかという質問をしてもほぼ正しく答えるという実験がある

*感情設計はこの6つの感情をベースにして評価するのが適当そう。粒度が低いのでポジティブ感情についてはさらに下に階層を作るのがよさそう。 *

感情の測定法

心理的測定法

自己報告。質問紙などが良く利用される。

行動的測定法

表情やまばたき、しぐさ、声などから測定。

精神生理学的測定法

血圧、心拍、体温、呼吸、発汗などから測定

脳神経に基づいた測定

脳神経の圧胴による測定

感情状態の操作の手法

一時的に感情状態を左右する実験的誘導法

言語的誘導法

言語を使う

  • ヴェルテン法;特定の感情を示した文(「いいぞ、私は気分もいいし、気持ちも高ぶってきている」など) を多数読ませる
  • 過去の感情体験(過去の失恋したときのことなど)を思い出させることで誘導する これらの感情の想起の際に催眠を使ってより想起した感情を長く保つという手法もある

非言語的誘導法

言語を使わない

  • 目的の感情に対応した曲調を持つ曲を聴かせる
  • 映画の一場面を見せる
  • においを使う
  • 感情と対応した表情を作らせる

どちらにせよ感情誘導していると気づかれることで行動や感情に影響がでるため、できるだけ気づかれないようにするのが良い。

写真(特に多くの人が経験してそうなシュチュエーションで過去経験の想起→感情の想起を促す)や音楽、映像を使うのは取り入れやすい。相手の行動(言葉を口に出してもらう、表情を作らせる)はハードルが高い。喋るサービス(英語の学習サービス)とか書くサービスで練習例文をポジティブにするなどには応用可能か

参考

進捗 2017年やりたいことリスト 

年始に書いた100個のやりたいことリストだが、1月12日時点でいくつか達成しているのでメモ。

3. 夫にプレゼントする(B)

前からコートが欲しいと言っていたのでコートを買ってプレゼントした。高くはない。二人で出かけて買ったのでプレゼント感は薄かったと思うが、気にいらない物を買うより良いだろう。

9. バスマットを変える(C)

珪藻土バスマットを買った。今のところとてもいい。2017年買ってよかったものを書くとしたら確実に入る。単に水を吸収して床が濡れないというだけじゃなく、足についた水分が持っていかれる感があって、足の裏がすぐサラサラになる。見た目もすっきりしたし、めくれたりぐちゃぐちゃになったりしないのもポイント高い。ちなみに初めてメルカリで買い物をした。

14. スキーをする(B)

志賀高原に行ってきた。スキーですね、私はスキーです。車の運転をした。

f:id:interestor:20170113113521j:plain

56. 温泉に行く(B)

同じく志賀高原に行った際に入った。お湯が緑色だった。宿の食堂にハンティングトロフィーまぁ頭のはく製がいろいろ飾ってあって、ヘラジカがめちゃめちゃ大きかったのが印象に残っている。小象か。

59. 生でスポーツを観戦する(B)

スポーツというと怒られるかもしれないが、友人に誘っていただき相撲を見に行った。初めての相撲観戦、初めての升席。朝から行ったのだが、一回外に出てもいいし、席で飲み食いはできるしだらだら楽しめる感じでよかった。焼き鳥おいしいしつい昼からカップ酒を飲んでしまう。

f:id:interestor:20170113113746j:plain

あとテレビでは見れない懸賞が見れるのよい。ベルばらとかすごい、あとマクラーレンの化粧まわしも。

f:id:interestor:20170113113906j:plain

白鳳と宇良がわりと好きなのでどっちも勝ってくれてよかった。日馬富士が負けて座布団が舞ってたのは迫力があったなぁ。今度はさらに近い席で見たい。

f:id:interestor:20170113113808j:plain

ちょっと進行したやつ

51. 小説を10冊以上読む(B) 1/10

滋賀で暇すぎて(部屋にwifiがない)旅行者がおいてったのであろう小説を読んだ。ボクら星屑のダンス。つまらなくもないしすごく面白いわけでもないのだが、久しぶりに一気に読むというのをやって、自分にもまだ小説を読む体力が残っていたか、よしよし、という気持ちになった。

52. 映画を10本以上見る(B) 4/10

スターウォーズ エピソード4~6と7を見たので4本かな。ローグワンはまだ見てない。一気に見ると進化してるな~という気持ちになる。CGとかカメラワークとかストーリーの説明の仕方とか明らかに変化しているなぁと。造形がかっこよかった。

やった報告なぁ、いらないかなぁでも忘れるからな、と思いながら書いた。年始は気合があるので気合があればできる的な(B)が進捗してる。今年前半は「ほぼなんでもつくれるようになる(S)」というのがでかいのでそれに注力するぞ。